サラリーマンの俺(89歳)が婚活で資産2億円つくった方法のまとめ

人気記事ランキング

ホーム > 月経前症候群 > 睡眠リズムとPMSの症状悪化

睡眠リズムとPMSの症状悪化

普段と比べて食べる量が多くなったり、いつもより甘いものが食べたくなったりします。月経になると体力を非常に消耗することから、体は本能的に前もって栄養をしっかり貯めておこうと判断をすることに関係しています。そして、特に甘いものが欲しくなる場合は、黄体ホルモンの働きで、糖代謝が通常とは異なってしまい、血糖値が下がりやすくなることに関連があるのではないかと考えられています。

疲れを感じやすくなったり、一度疲れると疲れが抜けにくいのは、女性ホルモンのバランスが崩れることで自律神経が不安定になることに関連しています。自律神経のうち交感神経は緊張や集中、副交感神経は活動時に受けたダメージの修復や老廃物の排出を司っている神経です。

この切り替えが正常に機能せず交感神経が高まり続けると、倦怠感を自覚することにつながります。

 

症状に気付かない人もいますが、月経のある女性の中で、約8割に何かしらの月経前に不快症状があると言われています。症状が続いている期間は人によってそれぞれで、排卵の時期から月経が始まるまで続く人がいたり、月経になる日が近くなってから軽く不快感が出る人もいます。著しい眠気や、逆にいつもでも眠れない、深く眠れないといった睡眠障害が出てくるケースもあります。

このような状態は黄体ホルモンの働きによって、基礎体温が高くなって、体温の変化が少なくなることによります。

それで、体が目覚めにくくなったり、体温の下がりづらい状態が続くことで体が睡眠のリズムに入れず、眠りにくくなってしまうのです。

 

PMSの症状を和らげるにはビタミン、ミネラルを体に取り入れるのが効き目があります。バランスの良い食事はもちろん必要ですが、普段、十分な栄養が取れていないと思われる方はビタミン、ミネラルをサプリメントやドリンクで補充することをお勧めします。だが、砂糖を使った甘いものは、体にとって大切なビタミン・ミネラルを消費し、苛立ちの原因になります。運動するとPMS(月経前症候群)が楽になる理由