サラリーマンの俺(89歳)が婚活で資産2億円つくった方法のまとめ

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 食事配分で糖尿病の合併症予防を

食事配分で糖尿病の合併症予防を

そのまま手を打たないでいると症状が悪化していき、目に合併症が起きる可能性もあります。

 

 

目の合併症で多いのは糖尿病網膜症で、これといった症状が初期には現れず気付きにくいという点が特徴でもあります。とは言え症状が進行すると周囲が歪んで見えたり、ゴミのようなものが見えたり、視力低下など、最悪の事態では失明をしてしまう危険があります。血糖値が高ければ尿量や尿が出る回数も多くなります。そして通常は体内で留まるべき水分が排尿されていくため脱水状態になり喉の渇きが気になる様になります。また、エネルギー源である糖が使用されないことによりどんなに食べていても痩せたり、空腹を感じやすくなったり、全身のけだるさや体重の減少などの症状が現れます。

 

食事療法で糖尿病を治すには、1日3回の食事の量の配分がとても肝要です。

 

 

1食で大量に食べてしまうと、急に血糖値が高くなってしまいます。

 

大抵の日本人の食生活は朝食は軽く、簡単に食べられるものが多い傾向です。

 

早寝早起きして、ゆっくりと重めの朝食を食べることは健康につながります。

 

 

 

糖尿病腎症を発症すると腎臓で尿を作る機能が低下し、人工透析をしないと不要物とか老廃物などを体外に自力で排出できず、寿命を縮めることになってしまいます。

 

そのため、糖尿病腎症になってしまったら、だいたい隔日のペースで医療機関へ行って人工透析を受けるという生活を続けることが強いられるので、大きな支障が日常生活に生じることになります。

 

若いころはよく動き、新陳代謝も活発なので糖分、塩分が多めで脂っこいものを好んで食べてもカロリーを消費できます。

 

しかし、食の好みは何歳になってもかわらない傾向にあり中年にさしかかっても同じ様に変わらずに食べていると、肥満となり糖尿病も発症することがあります。オリゴ糖 血糖値 糖質制限